MISAWA associates

OBJECT

Indian fragment of a Deity 〜インドの神の分身〜

ジャンル : トライバル(アジア・パシフィック)

サイズ : W180×D115×H380

素材 : 石

国(地域) : インド

・インド マディヤ・プラデーシュ州
・11世紀、チャンデーラ王朝 / 砂岩製
緩やかにカーブしたポーズが官能的、感覚的に彫刻が施されて、神々しい姿が豊かに美しさを際立たせ、装飾されている。これらのタイプの彫刻は寺院の外構の一部であった。
【チャンデーラ王朝】10世紀前半から13世紀末まで北インド、マディヤ・プラデーシュの東部、ブンデルカンド地方にあった王朝。「月」から生まれたクシャトリアの家系とする伝承をもつラージプートの王朝であることと、世界遺産にもなっているカジュラホの寺院郡を築いたことで知られる。

お問い合わせ